住まいのいいもの

HOME > 住まいのいいもの > 光冷暖

光冷暖

カラダにやさしい 次世代型冷暖房システム。平成26年度 環境大臣賞(技術開発・製品化部門)

光冷暖

エアコンいらずの快適空間。

光エネルギーにより体感温度・室内環境をコントロールすることで、エアコンがなくても24時間365日快適な空間をキープすることができる、次世代型冷暖システムです。

一般住宅から医療施設まで導入が進められており、健康、快適、清潔、省エネ、エコを実現する次世代型冷暖システムとして、ご好評の声をいただいています。

体感温度を決める5割は、壁・天井

壁・天井とラジエーターの表面に特殊セラミック加工をおこない、光エネルギーにより体感温度をコントロールして、快適な空間をキープします。

エアコンのように、送風によって空気を冷やしたり、暖めたりする空調ではありません。冷温風がもたらすさまざまな不快感を解決し、かつ環境へ配慮した画期的な特許システムです。

省エネ効果。

エアコンと比較すると省エネ効果が高く、CO2の発生を抑えることができます。壁・天井を利用して、効率の良い冷暖を行うため電気消費量はエアコンのおよそ2分の1になります。
※条件を揃えた場合
※国立九州工業大学発表済み
※建物の構造・断熱、窓の種類・大きさ等の諸条件により異なります。

家中どこにいても一定の温度。

送風しないため、冷風で体の一部が冷えたり、温風で顔がほてるなど、風が直接当たる不快感から解放されます。また、運転音がなく静かなので、静粛な室内空間を作り出すことができます。

遠赤外線による冷暖房システム。

KFTラジエーターとは、発吸熱体であるフィン表面に特殊セラミックコーティングがされているものです。その中に冷水や温水を流すことにより、光冷暖専用の壁・天井素材と共振・共鳴をして、優れた冷暖効果を発揮します。部屋の間仕切りやパーテーション代わりにもなります。

健康を第一に考えた新しい冷暖房

「冷ショック(ヒートショック)」対策に…光冷暖システムは、家中の室温の温度差がほぼ均一となるように調整し、快適な空間をキープするので、お年寄りや高血圧の方にも非常に優しいシステムです。

※冷ショック(ヒートショック)…冬場、部屋を移動する際の急激な温度変化によって脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまう身体のへのショック(衝撃)のこと。

放射に着目。

エアコンのように風が生じないので、カビや菌、ほこり、花粉などが舞い上がることはなく、ウイルスや細菌の拡散リスクも抑えられます。

埃の舞わない快適空間

風が生じない冷暖房システムなので、エアコンの当たりすぎで感じる身体のだるさがほとんどありません。暑い・寒いといった部屋ごとの温度ムラが少なく、家全体を適温に調節できます。送風しないのでホコリがほとんど舞わず、「掃除が楽になった!」という主婦の方々のお声もいただいています。

光冷暖に関するお問い合わせ

TEL:0467-22-7700

お問い合わせフォーム

PageTop