住まいのいいもの

HOME > 住まいのいいもの > トップヒートバリアー

トップヒートバリアー

熱中症対策や省エネで、一般家庭から企業様までご活用いただいております。

トップヒートバリアー

宇宙産業から生まれた遮熱材が輻射熱を98%カット。

遮熱材は、超高温、超低温と過酷な温度環境である宇宙産業から生まれました。アルミ純度99%の皮膜は、輻射熱を98%反射することができます。また、厚さわずか0.1mmという超薄型を実現し、その性能も世界一と評価されております。

遮熱は正しい理論と的確な工法で施工。

遮熱工法は輻射熱を高い割合で反射できる金属の特性を活用しています。遮熱材の多くは金属ですが、金属は熱を伝えやすい性質を持っています。熱を伝えやすい物質は、結露の要因にもなりますが、遮熱材の周囲環境を変えることにより、逆に結露防止材として使用することもできます。

遮熱材はただ貼れば性能が向上するわけでなく、長期耐久性や最大限の熱効率を引き出すには、正しい熱の理論を知り、的確な施工法が必要となります。当社が取り扱っているトップヒートバリアーは、開発、試作、試験を繰り返して製品化した高性能遮熱材です。

遮熱の基本

暑さ・寒さは、気温(温度)と輻射熱の量で決まります。
気温25度でも、表に出るとジリジリ汗が出るほど暑さを感じます。そこで思わず木陰や建物の影に入ると、涼しく感じます。体温36.5度より低い温度なのに、なぜ暑さを感じるのでしょうか。

これは、太陽からの輻射熱が人体に照射されることによって、体自体が温まってしまうためです。右図は、日陰と日向の違いを描いています。風が吹いていると、日陰も日向も温度・湿度はほぼ同じです。しかし、日陰に入ると明らかに涼しさを感じるのは輻射熱が当たらないためなのです。

トップヒートバリヤー遮熱工法

遮熱をすると体感温度が変わり、夏場は室内30℃でも暑さを感じにくくなります。冬場は低温でも、寒さを感じにくくなります。体感温度が変わることによって、エアコンなどの空調の使用頻度が大幅に減少します。

また、室内の熱を屋外に逃がさず、屋外の熱も室内に取り込まないため、大幅な省エネ効果をもたらします。

遮熱することにより室内温度は外気温より下がります。さらに輻射熱がカットされることにより体感温度が変わるので、エアコンなしでもいられます。したがって、屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる熱中症や、暖かいところから浴室やトイレなど寒いところに移動したとき、急激な温度変化によっておきるヒートショック、冷房が強く効いたところに長時間いることによっておきる、冷房症などの防止効果もあります。

Q&A

遮熱と断熱はどう違うの?

基本的に、「熱を遮ること」「熱の伝わり方を遅くすること」には変わりありませんが、重要なのは、遮る割合がどのくらい違うかということです。建物を通過する熱量の約75パーセントは輻射熱といわれています。つまり、この輻射熱をカットすることが重要なのですが、繊維系断熱材が約5~10%に対し、遮熱材は98%もカットすることができるため、大きな差があります。

「遮熱塗料」と「遮熱材」の大きな違いは?

遮熱塗料が輻射熱を約60~80%カットするのに対し、トップヒートバリアーは98%カットします。そのため、断熱性には大きな差があります。また、遮熱塗料は5~10年で塗りかえなければなりませんが、トップヒートバリアーは半永久の耐久性を持つため、ランニングコストにも大きな差があります。

既存の建物で、天井裏だけやっても効果があるの?

夏場、外部から建物内に侵入する熱量の80%以上は、屋根からと言われいるため、屋根面や天井裏の施工が最も効果的です。

冬も夏も効果は同じ?

冬と夏では、建物を出入りする熱流の方向が変わるだけで、遮熱材は同様の効果を発揮します。建物を出入りする熱量・質は夏と冬では変わりますので、同等の効果とは言えませんが同様の効果を発揮します。例えば、夏は太陽光からの輻射熱が大きいので、太陽光の当たる面を遮熱すれば大きな効果が得られます。しかし、冬は室内から室外に向けて熱移動しますので、天井、壁、床の6面全体を考えなければなりません。

家庭の窓の結露対策に使えるか?

遮熱した建物は、室内の温度がより均一になります。例えば、2階建ての木造住宅の天井裏と床下に遮熱施工しただけでも、天井と床の温度差が2℃になった例もあります。室内で対流が起こりにくくなったため、結露の発生を抑えることもできました。室内の天井付近の温度に変化はなくても、床面温度が5℃も上がり暖かい冬を過ごすことができます。

熱中症に効果的とか?

室内を通過する熱量の75%は輻射熱と言われています。輻射熱は体温を上げる大きな要因ですので、建物の遮熱施工は非常に有効です。また、屋根からの熱量の93%は輻射熱であることから、新築はもちろん、既存の建物の天井裏遮熱を薦めています。

トップヒートバリアーに関するお問い合わせ

TEL:0467-22-7700

お問い合わせフォーム

PageTop