鎌倉倶楽部 茶寮

お知らせ

鎌倉倶楽部 茶寮 > > 姉妹店 「美濃 安洞雅彦 オリベ展」個展のお知らせ

姉妹店 「美濃 安洞雅彦 オリベ展」個展のお知らせ

2021/04/13

 

姉妹店 個展の予告

美濃 安洞雅彦 オリベ展 
鎌倉倶楽部茶寮小町於

4月24日〜5月5日(木休)
11時〜19時
24,25日作家在店日

喫茶は開催中特別メニュー
内容は追ってご連絡致します。

安洞 雅彦
1973年生まれ
2002年 独学でやきものを始める
2004年 瀬戸市に工房を移す
2007年 多治見市廿原町に工房を移す
2009年 薪窯をつくる
2019年 上海で個展 柿傳ギャラリーで個展

桃山時代の織部にこだわり、再現に心魂を傾け続けている。
講談社 週刊モーニング「へうげもの」へうげ十作担当

近年、淡交テキストや月刊なごみに掲載されるなど茶人からも注目を集めている。

「へうげもの」にも多数登場する向附を細部まで拘り、手のひらサイズにミニチュア化した「豆向付」は数百種類と驚く数の型を作陶している。
今回は300種ほどの作品が鎌倉倶楽部茶寮小町の店内に並べられる予定。他、レギュラーサイズの向付、茶道具、お皿なども展示販売予定。

安洞さんの作る器や描く筆のタッチからは
暖かさと優しさ、親しみやすさを感じ、
織部焼きの桃山時代に興味が湧き、
令和の今日に取り入れてみたくなり、
器に対する拘りや楽しみの世界へ招待してくれる様な引力があります。
又、その器を持つ人の心を和ませてくれます。

織部の魅力が凝縮された作品が大集合する
鎌倉倶楽部茶寮小町店での個展は一見の価値があります。

開催中
混雑状況により人数制限をさせて頂く場合がございます。
予めご了承ください。

鎌倉倶楽部茶寮 小町

鎌倉市小町2-10-19二の鳥居ビル1階
☎︎0467-23-1000

PageTop